霊園の使用規定は必ず厳守

霊園の使用規定は必ず厳守


霊園の使用規定は必ず厳守
「自分には霊園なんて関係ない。いつか適当に買えばいいや」なんて間違った考え方をしていたりしませんか?
霊園を適当に買ってしまうと維持費や管理に問題が発生してしまうこともあるので注意が必要なのです。 墓石の指定として民営霊園では墓石を購入することとなる石材店が指定されているケースがあります。
また多くの場合、使用権を相続人以外の第三者に譲渡することが出来ないのでご注意ください。使用者の資格が霊園選びの時に気を付けなければいけないこととなります。
宗派や居住地域に制限が設けてあったり、お墓の継承者がある場合のみに限られてしまうことがありますのでご注意ください。

遺骨の制限として、ほとんどの墓地では使用者の親族以外の使用をすることは出来ません。
将来的に第三者の遺骨を埋葬することになるケースには、合祀することが出来るかどうかを確認した方が良いでしょう。




霊園の使用規定は必ず厳守ブログ:06-8-2017

おととい、実家の家族全員でスキーに出かけた。

祖母からはじまって、父とママ、
弟夫婦と子供、妹夫婦と子供、
そしてあたくしたち夫婦とむすめ。
総勢、14人の大旅行。

場所は、父の実家がある福井県の山の中。
小さい頃は、夏休みなどによく父の実家に家族で遊びに行った。

近年は全く行っていなかったから、
前にいつ訪れたか記憶にない。
恐らく、10年以上は経っているだろう。

雪に覆われた山道を、父の運転で進む。
昔もずっと父が運転してくれた道だ。
昔と違うのは、10人乗りの大きな車に家族が大騒ぎで乗っていること。

それは、人数が増えただけにとどまらない、
本当に大きな変化を感じるひとときだった。

思い返せば、その始まりは一昨年の夏にあった。
ママが、一族みんなで旅行に行くと言い出したのだ。

最も忙しいあたくしの予定を聞くのもそこそこに、
ママは弟と着々と計画を進めて、
その夏は、はじめて14人での大旅行が決行された。

その時は、まだ何かしらぎこちなかったところもあった気がする。
でも、それはとても楽しい旅行だった。
今思えば、家族の土壌が固まってきた証だったと
あたくしは思う。

昨年の夏は、予定通り、大家族旅行が、
まるで何年も行なってきた恒例行事のように行なわれた。

そして、クリスマスには、何の計画もなかったのに、
急にクリスマス会をやろうと声がかかり、また集まった。

スキーの話は、その時にでた話だったが、
ママから予約をしたから予定を空けておくようにとの連絡が入ったのは、
年が明ける前だった。

霊園の使用規定は必ず厳守

霊園の使用規定は必ず厳守

★メニュー

永代使用料の概要とその価格差
国産の石は品質が良く美しい
霊園の使用規定は必ず厳守
年間管理料の未納で使用権が取り消しになることも
交通の便と宗教などが霊園選びのポイント
霊園にはオプションも用意されている
オリジナルのお墓も増えてきました
墓石には文字彫り費用が発生します
寺院が管理をしている霊園のメリット
3つの工事費が必要な建墓の費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)宗教を知って失敗しない霊園